« 東京新聞・日曜読書欄(2016.5.15)に、田島 公編『近衞家名宝からたどる宮廷文化史 陽明文庫が伝える千年のみやび』が紹介されました | メイン | 国立国語研究所が「日本語研究・日本語教育文献データベース」の図書データ公開を開始 (図書 : 2016年4月現在2万3千件) »

2016年5月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東海近世文学会5月例会(第261回)(平成28年5月28日(土)午後3時~5時、熱田神宮文化殿2階会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://toukaikinsei.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html

--------------------

日時 平成28年5月28日(土)午後3時~5時
場所 熱田神宮文化殿2階会議室

プログラム
・研究発表 
「出版される家集――静嘉堂文庫蔵『六帖詠藻』を中心に――」
加藤 弓枝 氏(国立高専機構豊田高専 准教授)

・研究発表 「貞徳絵像考」
母利 司朗 氏(京都府立大学 教授)

【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、6月11日(土)・7月9日(土)・9月10日(土)・
10月1日(土)・12月10日(土)です。1月は未定です。
会場は、 7月は鶴舞中央図書館第一集会室、1月は未定で、
それ以外は熱田神宮文化殿会議室です。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の いずれかの地域に
暴風警報が発令されている場合、 その日の例会は中止とします。


●グーグル提供広告