<神皇正統記>只見で中世写本見つかる(共同通信)【調査を担当したのは久野俊彦東洋大講師】

【福島県只見町教委は12日、南北朝時代の歴史書「神皇正統記」を1587年(安土桃山時代)に書写した写本が町内で見つかったと発表した。同書の中世写本発見は県内で初めて。町や県の文化財指定を受けることを検討している。 】
●<神皇正統記>只見で中世写本見つかる(共同通信)
http://this.kiji.is/103600981719416834?c=75768590128873475
●神皇正統記、16世紀の写本 只見の民家で発見(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20160512-OYTNT50195.html