東洋大学『白山文学研究』第3号

石田仁志氏よりいただきました。
hakusanbungaku3.jpg
●東洋大学のサイトはこちら
http://www.toyo.ac.jp/
A5判・並製・80ページ
2016.3.25発行
【目次】
林房雄「上海戦線」–「文学者」が見た戦線/長瀬由紀峰
丹羽文雄の従軍体験–『一夜の姑娘』所収の作品から–/関根順子
直木三十五『日本の戦慄(上海篇)』/只野祐
 –《売れる戦争エクリチュールの方向性》と《表現者としての罪》
芥川龍之介「南京の基督」に於ける信仰と階級の関係/中山新也
小田嶽夫「泥河」論–日中エリート表象の怪庭/増井真琴
阿部知二「大河」における上海表象/佐々木悠里
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』論/小田切拓
 –近代日本が行き着いた空虚と痛み–
「にごりえ」に見る女性の出世と丸木橋の真相/中林明子
●お問い合わせはこちら
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学文学部日本文学文化学科内
石田仁志研究室
mail ishidah(at)toyo.jp   (at)=@