« 柿衞文庫・芭蕉 新出作品を中心にⅡ(平成28年6月11日(土)~7月18日(月・祝))。記念講演会・佐藤勝明氏「俳句でたどる芭蕉の人生」(6月18日(土)午後2時より) | メイン | 平成28年度 四季派学会夏季大会 [シンポジウム]『四季』と戦争(2016年6月25日(土)午後1時30分より、恵泉女学園大学 Gー101教室) »

2016年5月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京・代官山 ギャラリーAL 主催:豊和堂「ぼくらが琳派を継いでいく展〚琳派の世界にキャラクターが佇む展覧会」(2016年5月20日(金)〜29日(日) 12:00〜19:00(会期中無休))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.al-tokyo.jp
●参考サイト
http://mag.japaaan.com/archives/39156

--------------------

【私共豊和堂は日本画と着物を基盤とする、ものづくりの工房です。
かつて着物は、日本画家の絵をもとに染付されていました。琳派の絵師である尾形光琳が生まれたのも「雁金屋」という京都の呉服屋。世界広しと言えども、絵画を身に纏う文化を持つのは、実は日本だけ。着物と日本画は、切っても切れない関係だったのです。
そういった歴史の中でものづくりをしてきた私共から見ますと、漫画やアニメも、葛飾北斎からの流れをうけた日本画と思える時があります。では、その漫画やアニメを琳派的手法で描くとどうなるだろうか?というところから、琳派オマージュの作品が生まれました。
2015年に京都国際マンガミュージアムで開催された「琳派オマージュ展」で大好評を博した、
豊和堂絵師による手塚作品から初音ミクまでと幅広いキャラクターと琳派の新たな表現を
お楽しみいただけますと幸いです。
今回の展覧会のために新たに描かれた新作品も展示いたします。ご期待ください!

                               豊和堂 】

琳派400年の歴史と現代のキャラクターの融合 今切り拓かれる 現代の琳派


会期 : 5月20日(金)〜29日(日) 12:00〜19:00(会期中無休)
会場 : AL - 1F Main Space 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 www.al-tokyo.jp


トークショー&レセプション : 5月21日(土) 18:00〜
出演 : 吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)×山田晋也(豊和堂アートディレクター) 


豊和堂絵師によるライブペインティング : 5月25日(水)・26日(木)各日16:00〜19:00

展示作品(予定・五十音順)

[ 漫画・アニメ×琳派作品 ]
秋野にパンジャとレオ図 アトムに富士図
コリラックマと竹林図
太陽の牙ダグラム/太陽ノ牙朽果図
初音ミクに杜若図屏風
柊かがみと紅梅白梅図
火の鳥蓬莱山図
リラックマと磯馴松図
リラックマと軒端の梅図
レオとユニコ図

[ 豊和堂作品 ]
尾長鶏図
四季草花図
双犬図
白象図
藪萱草図
流水図


●グーグル提供広告