« 科研費改革について、日本学術振興会理事長にインタビュー(動画紹介)(カレントアウェアネス・ポータル) | メイン | 国立国語研究所が、「日本の消滅危機言語・方言」データーベース公開 »

2016年5月10日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国立国語研究所が、『多言語母語の日本語学習者横断コーパス』 (I-JAS)公開[利用にあたっては、利用申請が必要]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【『多言語母語の日本語学習者横断コーパス(I-JAS; International corpus of Japanese As a Second language)』の第一次データを公開します。

今回公開するデータは、12言語の異なった母語の海外における日本語学習者(180名)、国内の環境の異なる日本語学習者(30名)、合わせて210名、それに加えて、
日本語母語話者のデータ15名、合計225名の発話スクリプトと音声および作文(任意参加)です。】
つづきはこちらから。国立国語研究所。
http://ninjal-sakoda.sakura.ne.jp/lsaj/?p=359


●グーグル提供広告