« 東京言語研究所 開設50周年記念セミナー シンポジウム 日本語はどういう言語か―内から見た日本語、外から見た日本語―(2016年9月3日(土)※要申込【6.13〜】) | メイン | 東京新聞・日曜読書欄(2016.5.15)に、田島 公編『近衞家名宝からたどる宮廷文化史 陽明文庫が伝える千年のみやび』が紹介されました »

2016年5月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川県立金沢文庫 企画展「泥亀永島家(でいき ながしまけ)の面影 ~永島家文書とその世界~」(平成28年6月3日(金)~7月31日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/bunko/tenjiyokoku.html

--------------------

企画展
「泥亀永島家(でいき ながしまけ)の面影 ~永島家文書とその世界~」<展示予告>

江戸時代、金沢の入海の干拓に挑み、6代にわたる努力の末に泥亀新田を完成させた永島家。そのルーツと不屈の努力、そして地元住民とのやりとりを伝える古文書が金沢文庫に残されています。
本展示では、永島家文書を中心に、歴代当主の苦闘をたどります。
  
主催 神奈川県立金沢文庫
協力 龍華寺、横浜市金沢区役所
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 平成28年6月3日(金)~7月31日(日)
休館日 毎週月曜日(7月18日は開館)、7月19日(火)
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分


●グーグル提供広告