神奈川県立金沢文庫 古文書読解入門講座「国宝 金沢文庫文書を読む」講師:永村 眞氏(平成28年6月19日(日)〜※要申込)

講座情報です。
●公式サイトはこちら
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/bunko/notice/160609bkt.html

——————–
古文書読解入門講座「国宝 金沢文庫文書を読む」
 今年3月に国宝指定の答申を受けた「金沢文庫文書」の多くは、称名寺で書かれた聖教(しょうぎょう)の紙背として残りました。
 その紙面からは、鎌倉時代の政治・社会の様子、そして称名寺の実像を知ることができます。
 今回の古文書読解入門では、「金沢文庫文書」から興味深い古文書を選び出し、そこに描き出された鎌倉時代の称名寺とその周辺の姿を読み解きます。
【各回の日時と内容】 各回とも 13時30分~15時
 第1回 平成28年6月19日(日)  (6月7日締切)
   「金沢実時と審海(しんかい)」
 第2回 7月17日(日)  (7月5日締切)
   「釼阿と湛睿(けんあ と たんえい)」
 第3回 8月14日(日)  (申込受付開始6月1日~8月2日締切)
   「称名寺に寄せられる信心」
 第4回 9月11日(日)  (申込受付開始7月1日~8月30日締切)
   「称名寺の法会」
【講師】  永村 眞(神奈川県立金沢文庫 文庫長)
【会場】  金沢文庫地下大会議室
【定員】  100名(お申し込み多数の場合は抽選となります。)
【参加費】 無料 (ただし当日観覧料が必要です。)
【申込】  往復はがきに「古文書読解入門 第○回・日付 参加希望」・住所・氏名・電話番号を明記の上、各回ごとに、各締め切り日(必着)までにお申し込みください。なお、お申し込み多数の場合は抽選となります。
      (お一人様各回一枚でお願いいたします。)