神戸市立博物館 特別展 我が名は鶴亭 ―若冲、大雅も憧れた花鳥画(かっちょいいが)!?(平成28年(2016)4月9日(土曜)~5月29日(日曜))

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2016_1kakutei.html

——————–
平成28年(2016)4月9日(土曜)~5月29日(日曜) 44日間
 ※前期[4月9日(土曜)~5月1日(日曜)]、後期[5月3日(火曜・祝日)~29日(日曜)]で
  作品の展示替えを行います。
開館時間:
10時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日:
月曜
【18世紀の京都、大坂に絵画の新風がやってきた!
 その名は鶴亭(かくてい・1722~85)―長崎出身の黄檗僧、画家である彼は中国由来の美しく、おめでたい花鳥画(南蘋風(なんぴんふう)花鳥画)をかっこよくアレンジし、京都、大坂に初めてもたらして一大ブームを巻き起こしました。また、黄檗僧が得意とした水墨花木図も数多く手がけました。憧れの地・長崎からやってきた鶴亭は、唐(から)の香りをまとう羨望の的。かっこいい花鳥画=「花鳥画(かっちょいいが)」を生み出す鶴亭に、伊藤若冲も大きな刺激を受け、池大雅も深い交友を持つなど、京坂の画家に与えた影響ははかりしれません。
 本展は歿後230年を経て、鶴亭の画業と生涯に迫る初めての回顧展です。鮮やかな色彩と豊かな表情の鳥が魅力的な著色花鳥画、大胆かつ冴えわたる筆遣いの水墨花木図からなる、鶴亭の「花鳥画(かっちょいいが)」76件(うち初公開45件!)を展観します。あわせて、鶴亭が学んだ黄檗絵画や南蘋風花鳥画、同時代に活躍した池大雅、伊藤若冲、曾我蕭白や、鶴亭の弟子たちの作品もご紹介します。約120件の出品作品を通して、若冲、大雅も憧れた鶴亭の画業の全貌と生涯に迫ります。】