« 平成28年度 中世文学会 春季大会(平成28年 5月28日(土)29日(日)、大妻女子大学 千代田キャンパス) | メイン | イェール大学所蔵 日本関連資料調査プロジェクトのホームページが公開に(2016.03.25) »

2016年5月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本近代文学会 2016年度春季大会・特集:人文知の潜勢力――戦後社会運動を/から問い直す(2016年5月28日(土)・29日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://amjls.web.fc2.com/gakkai.html#2015-06

--------------------

日時: 2016年5月28日(土)・29日(日) 
場所: 亜細亜大学 5号館 [地図]
武蔵境駅北口またはnonowa口から徒歩12分
武蔵境駅北口からムーバス「境西循環」または「境・東小金井線」で「亜細亜大学南門」下車、徒歩0分
武蔵境駅北口から小田急バス「団地上水端(団地入口経由)」で「亜細亜大学北」下車、徒歩1分
西武新宿線「田無」駅北口から西武バス「武蔵境駅行」で「武蔵境駅」下車、徒歩12分

発表要旨は[こちら]

■ 28日(土) 14:00より 会場:512教室

開会の辞   原 仁司

《特集》 人文知の潜勢力――戦後社会運動を/から問い直す
高橋 順一 吉本隆明と竹内好――「世界認識の方法」と「方法としてのアジア」
安藤 丈将 ポスト「一九六八年」における知の探求――「生活民」としての/のための知を求めて
小森 陽一 人文知の構造的転換点―― 一九八四年の一瞬から
(ディスカッサント)谷口 基  

〈総会〉
〈懇親会〉アジアプラザ4階ホール
(※28日(土)12時30分より、534教室で評議員会を開催する予定です。)

■ 29日(日) 10:30より16:30

第1会場 512教室

個人発表(10:30~11:50)
大尾 侑子
「非人情な結束」としての自費出版同盟はいかにして可能か?――昭和初期の雑誌『文党』の超党派性を事例に――
川崎 俊   
「会社員小説」の方法――伊井直行「星の見えない夜」論

パネル発表(14:00~16:30)
 能地 克宜   
 楜沢 健   
 上田 学  「浅草」を歩く――『浅草文芸ハンドブック』を編みながら
 金井 景子
 堀 郁夫   

第2会場 521教室

個人発表(10:30~11:50)
徐 小 雅   
「格差」・「差異」・関係性――二〇〇〇年代初期における結婚と女性「格差」をめぐる言説を読む

松永 寛和   
ライトノベルにおける挿絵のイデオロギー ――〝男の娘〟表象を題材とした作家横断的テーマ形成過程の分析――

パネル発表(14:00~16:30)
 中村 ともえ    
 久保 昭博    
 河田 学   近代小説における描写と視点――岩野泡鳴の理論的言説
 西川 貴子    
 (ディスカッサント)金子 明雄     

第3会場 522教室

個人発表(10:30~12:30)

金子 佳高  
芸者の恋――芥川龍之介「片恋」論――

宮崎 三世  
中原中也「骨」論

中村 佑衣
認識の転換とメタフィクション――芸術論の実践としての三島由紀夫〈菊田次郎もの〉

閉会の辞   関 礼子


●グーグル提供広告