« 茨木市立文化財資料館・第18回企画展「発掘された文字‐市域出土の墨書土器・刻書土器・硯‐」(平成28年5月18日(水曜日)~7月18日(月曜日,祝日)) | メイン | 佛教大学図書館デジタルコレクションに「黒谷上人語燈録(和語燈録)」が追加 »

2016年5月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第70回 NINJALコロキウム ・堀江 薫 (HORIE Kaoru)国立国語研究所 客員教員 (理論・対照研究領域)「「非従属節」のタイポロジー ―言語類型論研究と「言いさし」研究の接点―」(2016年6月7日 (火) 15:30~17:30 国立国語研究所 多目的室 (2階))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/colloquium/

--------------------

第70回2016年6月7日 (火) 15:30~17:30 国立国語研究所 多目的室 (2階)
堀江 薫 (HORIE Kaoru)国立国語研究所 客員教員 (理論・対照研究領域) /名古屋大学 教授
「「非従属節」のタイポロジー ―言語類型論研究と「言いさし」研究の接点―」

[ 講師紹介 ]

専門領域 : 言語類型論、対照言語学
主要業績
Ryan Spring and Kaoru Horie (2013) How cognitive typology affects second language acquisition: A study of Japanese and Chinese learners of English. Cognitive Linguistics 24: 689-710.
Kaoru Horie (2012) The interactional origin of nominal predicate structure in Japanese: A comparative and historical pragmatic perspective. Journal of Pragmatics 44: 663-679.
Kaoru Horie (2011) Versatility of Nominalizations: Where Japanese and Korean Contrast. In: Foong Ha Yap, Karen Grunow- Hårsta, and Janick Wrona (Eds.) Nominalization in Asian Languages: Diachronic and Typological Perspectives, 473-496. John Benjamins Publishing Company.
堀江 薫,プラシャント・パルデシ (2009) 『言語のタイポロジー ― 認知類型論のアプローチ』. 講座 認知言語学のフロンティア5. 研究社


●グーグル提供広告