« 藝能史研究會7月例会(2016年7月8日(金)、キャンパスプラザ京都 2階第1会議室) | メイン | 福井市曙覧記念文学館 企画展「紙へのこだわり―曙覧と和紙の関係」(平成28年5月19日(木)~10月4日(火)) »

2016年5月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第53回 藝能史研究會大会 大会テーマ「いま、祇園祭を見直し、読み直す」(2016年6月5日(日)、同志社女子大学(純正館))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www5b.biglobe.ne.jp/~geinoshi/taikai.html

--------------------

■.......................................................................................■
 第53回藝能史研究會大会
■.......................................................................................■

一般来聴歓迎
(参加費は不要ですが、資料代として500円徴収しています)
【参考】「祇園祭の基礎知識」のページ

いま京都・祇園祭は、祭礼基盤の変質、祭事と観光の間の揺れ動き、継承すべき伝統と新しい趣向など、大きな転換期を迎えているように思われます。そうした祭礼を、歴史の視点から見直し、読み直す場にしたいと思います。多数のご来聴をお待ちしております。

日時: 2016年6月5日(日) 午前10時20分~午後5時30分
場所: 同志社女子大学(純正館)
京都市上京区今出川通寺町西入
      地下鉄烏丸線「今出川」下車 東へ徒歩5分
     京阪電車「出町柳」下車 西へ徒歩10分

■大会テーマ「いま、祇園祭を見直し、読み直す」


〔午前の部〕  10時20分~

近代京都における祇園祭橋弁慶山の運営基盤
―地域住民を中心とした地元資料のアーカイブとその活用に関する研究―  佐藤弘隆氏

竹田聴洲と祇園祭調査  斉藤利彦氏

明治二十六年、山鉾は岡崎をめざす
 ―新出の「明治廿六年岡崎大極殿四回博覧会地鎮祭の時地かための為め引出せしの時の写真」の紹介をかねて―                           八反裕太郎氏

中近世における祇園会神輿をめぐる人々 西山剛氏

〔総  会〕 13時05分~

〔午後の部〕13時35分~

神宝「勅板」と大政所の「とひくはり」  下坂守氏

狂言に見る祇園会風流 ―「鬮罪人」を中心に―  稲田秀雄氏

室町期祇園会のイメージについて  河内将芳氏

月次祭礼図模本にみる祇園会風流の特異点  泉万里氏

山鉾風流の基盤としての京都「町人」  五島邦治氏

〔全体質疑〕 16時~

(終了予定 17時10分)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
藝能史研究会事務局
geinoshi@mvd.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~geinoshi/
〒602-0855
京都市上京区河原町通荒神口下ル
上生洲町221キトウビル303号室
TEL・ FAX 075-251-2371


●グーグル提供広告