日仏会館フランス事務所 国際シンポジウム「詩歌が散文と出会うとき 和歌とフランス中世詩から見る言説の変容」【【登壇者】ドミニク・ドマルチニ(パリ第3大学)、土方洋一(青山学院大学)、クリストファー・リュケン(パリ第8大学)、渡部泰明(東京大学)】(2016年07月10日(日))

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2016/07/10/20160710_colloque_poesie/index_ja.php

——————–
日時: 2016年07月10日(日) 10:30〜17:45
場所: 1階ホール
日本及びフランスにおける古典詩歌と散文の交渉を通して、テクストの生成と変容の過程を辿る(11–13世紀)
【登壇者】ドミニク・ドマルチニ(パリ第3大学)、土方洋一(青山学院大学)、クリストファー・リュケン(パリ第8大学)、渡部泰明(東京大学)
【司会】高田祐彦(青山学院大学)
【ディスカッサント】鈴木哲平(江戸川大学)、田渕句美子(早稲田大学)、寺田澄江(フランス国立東洋言語文化大学日本研究センター)
【主催】青山学院大学、フランス国立東洋言語文化大学日本研究センター、日仏会館フランス事務所
【後援】パリ第3大学