« 東大比較文學会・平川祐弘東京大学名誉教授講演会「香りと匂い――世界文学の中で『源氏物語』を評価する」(2016年6月18日(土)、18 号館 4 階コラボレーションルーム 1(東京大学駒場Ⅰキャンパス)) | メイン | 副田賢二『〈獄中〉の文学史』読書メモ集(togetter)【荒木優太(@arishima_takeo)さんによる】 »

2016年5月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●慶應義塾図書館第327回企画展示・活字文化の真髄 -日本の古活字版と西洋初期印刷本(2016年5月27日(金)~6月25日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/exhibition/monthly_exhibitions.html

--------------------

展示期間: 2016年5月27日(金)~6月25日(土)   

展示場所: 慶應義塾図書館(新館) 1階展示室  
開室時間: 平日:9:00-18:20 土曜:9:00-16:50
※日・祝日 休館
※一般の方も見学可能です(入場無料)

主な展示資料:
『英雄伝』 プルタルコス ヴェネツィア 1478年
『全集』 アリストテレス ヴェネツィア 1495-98年
『ユートピア』 トマス・モア バーゼル 1518年
『大学』 宋朱熹章句 慶長年間 竹中重門旧蔵
『群書治要』 唐魏徴等奉勅撰 元和2年(1616) 駿河版
『増補六臣注文選』 梁蕭統編 慶長12年(1607) 直江版

ほか
主催:
慶應義塾大学三田メディアセンター展示委員会

【第27回慶應義塾図書館貴重書展示会ダイジェスト Ⅰ
戦国武将に愛された 優雅で権威ある書体の古活字版や、ドイツからフランス・イタリアと時代と地域を追って変遷する西洋活字など、遠く世界の東西で同時期に活字文化は黄金時代を迎えました。
今回のテーマは「活字文化の真髄」。
慶應義塾図書館が毎秋開催している貴重書展示会で、2015年にとりあげて好評を博したものです。
出版文化史上でも最高水準を誇る15世紀後半~17世紀前半の美しい活字本を図書館1階展示室で、6月・8月の2回にわたり、ダイジェスト版でお目にかけます。】


●グーグル提供広告