第301回 日文研フォーラム・グエン・ヴー・クイン・ニュー氏「「古くて新しいもの」――ベトナム人の俳句観から日本文化の浸透を探る」(2016年6月14日、ハートピア京都 3階大会議室)

講演会情報です。
●公式サイトはこちら
http://events.nichibun.ac.jp/ja/archives/cal/2016/06/14/index.html

——————–
場所: ハートピア京都 3階大会議室 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
開場時間: 13:40
開始時間: 14:00
終了時間: 16:00
申込み: 不要
受講料: 無料
定員: 先着180名
発表者 「古くて新しいもの」――ベトナム人の俳句観から日本文化の浸透を探る
グエン・ヴー・クイン・ニュー 在ホーチミン日本国総領事館 広報文化班アシスタント ・ 国際日本文化研究センター 外国人研究員
コメンテーター 水城 幾雄 元・在ホーチミン日本総領事 ・ 前・在パナマ特命全権日本大使
コメンテーター 倉本 一宏 国際日本文化研究センター 教授
司会 佐野 真由子 国際日本文化研究センター 准教授
【概要:
俳句は日本独特の定型詩であると同時に、世界最短の詩でもあります。そして俳句は国境を越え、「Haiku文化」として世界に広がっています。
そうしたなか、ベトナムでは現在、ベトナム語で新しい形の俳句を詠むという、独特の「ベトナム俳句」が流行を見 せています。これは、世界の俳句・Haikuのなかで、どのような位置を占めるのでしょうか。
また、ベトナムでは俳句のみならず、日本とのさまざまな文化交流行事がさかんに行われています。日越間の政治・経済関係の緊密化を背景に活発化する、市民レベルでの交流の実態をご紹介したいと思います。】