« 北海道情報大学・准教授または講師の募集(日本語表現(クリティカルシンキングを 含む))(2016年05月10日 ~ 2016年06月24日 必着) | メイン | 第301回 日文研フォーラム・グエン・ヴー・クイン・ニュー氏「「古くて新しいもの」――ベトナム人の俳句観から日本文化の浸透を探る」(2016年6月14日、ハートピア京都 3階大会議室) »

2016年5月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第28回人文機構シンポジウム 妖怪空間―でそうな場所―【小松 和彦/齋藤 真麻理/常光 徹/安井 眞奈美の各氏】(平成28年6月11日(土)、有楽町朝日ホール、※参加無料、事前申込みが必要《先着順》)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nihu.jp/ja/event/symposium/28

--------------------

※申し込み方法は上記サイトでご確認下さい。

【妖怪が出没するのは里山や奥山だけではありません。昨年他界した水木しげる氏は、妖怪のすみかを都市空間にも広げる視点を開きました。身近な生活の場に姿を現わす妖怪たちは、いったいどこからやってくるのでしょうか。
このシンポジウムでは、妖怪のすみかや異界への出入り口について、身体・家・街という視点から考えます。そして、歴史学、文学、民俗学などの成果をもとに史資料や絵画資料から解き明かし、妖怪という心象が形成された歴史的な背景や意味を浮き彫りにします。また、地方消滅が言われる今、妖怪のこれからについても考えます。】

日  時:平成28年6月11日(土) 13:30~16:30
会  場:有楽町朝日ホール
※参加無料、事前申込みが必要《先着順》

プログラム  

13:30 開 会
13:35 基調講演 小松 和彦(国際日本文化研究センター 所長)
      「妖怪の魅力はどこにあるのか?」
14:15 パネルディスカッション第1部「妖怪の出入り口」
司会:佐藤洋一郎(人間文化研究機構 理事)
プレゼンテーション1
齋藤 真麻理(国文学研究資料館 教授)
     「妖怪たちの秘密基地-付つく喪神もがみの絵巻から-」
14:35 プレゼンテーション2 
常光 徹(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
     「家屋敷と妖怪」
14:55 プレゼンテーション3 
    安井 眞奈美(天理大学 教授)
     「妖怪が狙う身体部位」
15:15 休憩(15分)
15:30 パネルディスカッション第2部「妖怪空間―でそうな場所―」
    司会:佐藤洋一郎
    パネラー: 小松 和彦
      齋藤 真麻理
      常光 徹
      安井 眞奈美
16:30 閉会


●グーグル提供広告