« 図書館振興財団、平成28年度提案型事業「郷土資料・貴重資料等のデジタル化および公開事業」を公募開始(~7/11)(カレントアウェアネス・ポータル) | メイン | ノートルダム清心女子大学 日本語日本文学会 第19回大会(2016年6月18日(土)、ノートルダム中央棟630ND教室) »

2016年5月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●上智大学国文学会平成二十八年度夏季大会(平成28年7月2日(土)、上智大学七号館十四階特別会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら・PDF
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/event/2016/7/event_2115

--------------------

【日時】平成二十八年七月二日(土) 午後一時三十分~
【場所】上智大学七号館十四階特別会議室

[第一部]研究発表(午後一時三十分~)
〇宇野浩二文学における《ヒステリー》表象―「高い山から」「心中」「四人暮らし」―
上智大学国文学専攻博士後期課程 村山麗

〇コリャード『羅西日辞書』の成立過程とその記述について
上智大学文学研究科特別研究員 岩澤克

〇黒川真頼における『詞八衢』の受容と展開
上智大学文学部特別研究員 遠藤佳那子

[第二部]講演(午後四時~)
西行にとって吉野とは何か
上智大学文学部教授 西澤美仁


●グーグル提供広告