« 第60回立命館大学日本文学会大会(2016年6月12日(日)、立命館大学衣笠キャンパス 以学館31教室) | メイン | 町田康氏・河出書房新社130周年記念企画 「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」連続講義 作家と楽しむ古典 第2回『宇治拾遺物語』(ジュンク堂書店Podcast) »

2016年5月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●都留文科大学比較文化学会講演会・サンキュータツオ氏『新 行間論』(平成28年6月3日(金)18:30~、都留文科大学 3号館2階ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tsuru.ac.jp/event/hikaku0603/index.html

--------------------

『新 行間論』
-------------------------------------------------------------
【日 時】 平成28年6月3日(金)18:30~20:30(予定)
【場 所】 都留文科大学 3号館2階ホール
【入場料】 無料(どなたでもご自由に参加ください)

【今回の講演会の講師は芸人として活躍される一方、大学において非常勤講師もつとめられていらっしゃるサンキュータツオ氏です。
従来の正しい文学的解釈や作者の意図にとらわれない、創造的行為や表現そのものとしての「行間」とその味わい方について、また、文学のフィールドでは俎上にすら上がらないかもしれない二次創作物や妄想の類のサブテキストに言及しつつ、ジャンルを超えた「行間論」についてお話しいただきます。

講師によるトークは18:30~20:30を予定しています。
なお、18:15より会場にご入場できます。ぜひお越しください。】


●グーグル提供広告