« 新編日本古典文学全集を底本にした、李市埈氏・金泰光氏の韓国語訳『今昔物語集』が刊行開始。序は小峯和明氏。 | メイン | 向島文化サロン・武蔵野大学教授・川村裕子が語る「王朝の華麗なブログたち」【2016年6月12日(日)王朝マダムの日常『蜻蛉日記』・7月11日(日)王朝の恋愛と情熱『和泉式部日記』。要申し込み】 »

2016年5月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成28年度九州大学開学記念行事・第57回附属図書館貴重文物展示「真仮名、かな、カナ― 仮名と文体の発達史―」(平成28年5月13日(金)~5月21日(土))・高山倫明氏講演「万葉仮名の世界 ~『仮名発達史序説』続貂~」(平成28年5月21日(土)14:00~)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/events/magana

--------------------

【万葉集は漢字ばかりで書かれています。外来の文字を用いていかに自国語を表記するか、万葉人はさまざまに模索し、多様な表記形態を生み出しました。そうした試行錯誤を経て、やがて平仮名や片仮名が誕生します。春日政治(まさじ) ・和男(かずお)文庫の貴重書を中心に、漢字を表音的に用いた真仮名から仮名へのプロセスと、書き言葉の成り立ちを見ていきます。

◆ 春日政治・和男文庫とは
春日政治・和男文庫は、春日政治(1878-1962)・和男(1915-2012)の父子2代にわたるコレクションです。両博士は、ともに九州大学文学部国語学・国文学講座の主任教授として、国語史研究、とくに漢籍・仏典類に付された訓点類から仮名や文体の発達を探究する訓点語学の研究に邁進されました。同文庫は、訓点資料を中心に国語学・国文学全般にわたる古写本・古版本など約400点からなり、類本のない貴重書を多く含んでいます。】

【会 期】平成28年5月13日(金)~5月21日(土)
【開場時間】10:00~17:30 ※21日(土)のみ18:00まで開場
【場 所】九州大学中央図書館 2階特設会場(箱崎キャンパス)
                          (福岡市東区箱崎6-10-1)
※入場無料。一般の方も観覧できます。
【主 催】九州大学附属図書館

■ 関連講演会 ■

「万葉仮名の世界 ~『仮名発達史序説』続貂~」  

【日    時】平成28年5月21日(土)14:00~15:30 (開場 13:30)
【場    所】九州大学中央図書館 4階視聴覚ホール(箱崎キャンパス)
                        (福岡市東区箱崎6-10-1)
  ※入場無料・申込不要。一般の方も参加できます。
【講 演 者】高山倫明氏 (九州大学大学院人文科学研究院教授)


●グーグル提供広告