福井市曙覧記念文学館 企画展「紙へのこだわり―曙覧と和紙の関係」(平成28年5月19日(木)~10月4日(火))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.fukui-rekimachi.jp/tachibana/schedule.html

——————–
■ 企画展「紙へのこだわり―曙覧と和紙の関係」
 平成28年5月19日(木)~10月4日(火)  会期中無休
     
紙は実用的なものから美術品となる美しいものまで、
さまざまな種類のものが作られてきました。
橘曙覧の生きた江戸時代にも多種多様な紙がありました。
曙覧はそれらの紙の中から自分好みの紙を吟味し、
こだわりを持って使用していたことが知られています。
曙覧はすぐれた書も残していることから、美しい文字を書くにあたって
紙への関心はほかの人よりも高かったことでしょう。
今回の展示では、曙覧と紙の関係に注目します。
曙覧の好んだ紙や関連の歌について、館蔵資料とともにご紹介します。
《展示解説》 6月19日(日) 10:00~(30分程度) 
展示解説を行います。申込み不要ですのでお気軽にご参加ください。