« 福田安典「論争回避の時代に生まれて―それは日本文学研究熱低下の一因なのか?」【特集・論争!】●リポート笠間60号より公開 | メイン | 神戸女子大学古典芸能研究センター『食満南北著『大阪藝談』』刊行記念展「食満南北」(2015年5月11日(火)~6月15日(水)) »

2016年5月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成28年度 第2回伝音セミナー「現代日本における雅楽の「面白さ」」(平成28年6月2日(木)、京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。

●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/spsemi/spsemi2016-1.html

--------------------

平成28年度 第2回伝音セミナー

内容 希少音源をを鑑賞しながら、歌や演奏等の紹介・解説等を行います。

現代日本における雅楽の「面白さ」

「日本の雅楽をどう思いますか?」この問いに、日本の若者の多くは困惑するでしょう。彼らにとって雅楽はエキゾチックなのです。一方で私のような海外の若手研究者にとって、日雅楽が有する長い歴史やステータスは大いなる魅力です。奈良、南都楽所での体験・交流をふまえて、雅楽の音楽、またその伝承を支える人々の魅力について語ります。

進行役:アンドレア ジョライ(国際交流基金フェロー)
日時 平成28年6月2日(木曜日)午後2時40分~午後4時10分
会場 京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
(京都市立芸術大学へのアクセス http://www.kcua.ac.jp/access/)
参加費 無料。
問合せ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
Tel.075-334-2204
>> 問い合わせフォーム


●グーグル提供広告