« 『上代文学』第116号(2016.4)に広告を掲載しました | メイン | 八木書店近代文学特別講座「活字をはみだすもの 第12回」(2016年6月4日(土)・18日(土)、八木書店古書部 三階催事場 ※要申込) »

2016年5月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●足立区立郷土博物館 平成27年度文化遺産調査特別展「美と知性の宝庫 足立」開催中(2016年5月22日(日)まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.adachi.tokyo.jp/hakubutsukan/topics/0bunkaisantokubetu.html

--------------------


平成27年度文化遺産調査特別展「美と知性の宝庫 足立」

千住の琳派(平成22年度企画展)、大千住展(平成25年度特別展)、主として、この二つの展示をきっかけに、直接または郷土博物館協働グループの会員を通じて、区内各所から美術資料の所在情報が郷土博物館に寄せられるようになりました。
こうした情報をもとに、郷土博物館では美術資料を中心とした調査を行っています。
これまでの調査結果のうち、今回は千住の琳派や谷一門の活躍など、近世後期から近代までの江戸文化に焦点を当ててご紹介します。琳派の美と谷一門の知性がひびきあう画業をご覧ください。
今回の文化遺産調査特別展「美と知性の宝庫 足立」を通して、足立区の文化遺産について考えていただく機会となれば幸いです。

会期
平成28年3月13日(日曜日)から5月22日(日曜日)
前期、後期で展示替えがあります 下部に出展一覧がありますので御参照下さい。
(前期)3月13日(日曜日)から4月17日(日曜日)
(後期)4月19日(火曜日)から5月22日(日曜日)
入館料、休館日など→利用案内(別ウィンドウが開きます)


●グーグル提供広告