« 東京言語研究所 開設50周年記念 公開講座―言語を軸に据え社会との接点を考える 講師:木部暢子氏(2016年6月18日(土)【事前申込制】) | メイン | 神奈川県立金沢文庫 企画展「泥亀永島家(でいき ながしまけ)の面影 ~永島家文書とその世界~」(平成28年6月3日(金)~7月31日(日)) »

2016年5月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京言語研究所 開設50周年記念セミナー シンポジウム 日本語はどういう言語か―内から見た日本語、外から見た日本語―(2016年9月3日(土)※要申込【6.13〜】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tokyo-gengo.gr.jp

--------------------

開設50周年記念セミナー
9月3日(土)
シンポジウム 日本語はどういう言語か―内から見た日本語、外から見た日本語―
影山太郎(国立国語研究所)
「複合語の小宇宙から日本語文法の大宇宙を探る」
John Whitman (コーネル大学/使用言語:日本語)
「日本語とその類型論的親戚」 Japanese and Its Typological Relatives
高見健一(学習院大学)
「「話し手」考慮の重要性と日本語ー「~ている」と「~てある」表現を中心にー」
講義概要 講義概要

早割単価 通常単価
記念講演 1,000 2,000
9月3日(土) 3,500 4,500
9月4日(日) 3,000 4,000
両日 6,000 8,000
学生・学会割(両日参加者のみ適用) 5,000 7,000
※早割は7月末までの申込者とする
※レセプション参加費別途

セミナーの受付開始は6月13日を予定していますので、申込希望の方につきましては今しばらくお待ちください。


●グーグル提供広告