« 泉鏡花記念館 企画展「KYOKA MANIA―鏡花会/九九九会―」(平成28年5月27日(金)~9月11日(日)※前後期有) | メイン | 手錢記念館 古文書 連続講座「古典への招待~古筆と和歌を中心に~」講師:野本瑠美氏(2016年5月19日(木)〜全5回) »

2016年5月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●絵ものがたり研究会・研究集会「酔いと病の文化」(2016年6月3日(金)・4日(土)、名古屋大学文系総合館7館カンファレンスホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://sites.google.com/site/emonogatari0nagoya/schedule/workshop

--------------------

●2016年6月3日(金)・4日(土)
酔いと病の文化
 (於:名古屋大学文系総合館7館カンファレンスホール)

6月3日(金)13:00~17:20

○開会の挨拶
伊藤信博(名古屋大学)・ニコラ・ボーメール(名古屋大学)

○アルコール問題に関わるフランス政治
ジャン=ロベール・ピット(ソルボンヌ大学)

○中国の文化人の酔いに対する姿勢
張喜儀(香港工科大学)

○日本における飲食とその場所
ニコラ・ボーメール(名古屋大学)

○アルコールの製造
アンドレス・マツラナ(名古屋大学)

○現代フランスにおける酔い
マチュー・ルクートル(ツール大学)

質疑応答・全体討議

6月4日(土)9:00~17:10

○飲酒と病の文化史
福田眞人(名古屋大学)

○飲酒と体内器官の関係
トマ・ロラン(名古屋大学)

○韓国における酒の文学、酔いの文化
崔在喆(韓国外国語大学)

○江戸後期「酒餅論」にみる酒と酔い
畑有紀(名古屋大学)

○近世文学から見る酒宴・酒合戦
ミギー・ディラン(名古屋大学)

質疑応答

○日本酒と肴―海辺の村で飲み始め
小川雅魚(椙山女学園大学)

○明治時代(1868-1912)後期における飲酒の表現―徳田秋聲の小説を中心に
安井海洋(名古屋大学)

○中世の僧坊酒宴再考―経済生活と禁欲主義のあいだ―
芳澤元(日本学術振興会特別研究員PD)

○平安後期の仏教系本草書における香薬と「酔い」―『香要抄』を中心に
アンドリュー・マッコンバー(コロンビア大学)

質疑応答・討論「飲酒と病」


●グーグル提供広告