東大比較文學会・平川祐弘東京大学名誉教授講演会「香りと匂い――世界文学の中で『源氏物語』を評価する」(2016年6月18日(土)、18 号館 4 階コラボレーションルーム 1(東京大学駒場Ⅰキャンパス))

講演会情報です。
●公式サイトはこちら
http://fusehime.c.u-tokyo.ac.jp/symposium/koen/hirakawa/index.html

——————–
【2016年6月18日(土)19日(日)の両日、東京大学駒場キャンパスで日本比較文学会第78回全国大会が開催されます。東大比較文学会では、駒場キャンパスでの全国大会開催を記念して、下記の通り、平川祐弘東京大学名誉教授による講演会を企画いたしました。平川氏は、今後の比較文学研究・教育がもちうる「一石二鳥」の意義を、『源氏物語』を題材とした実践例を通じてお話になる予定です。
入場は無料です。事前の予約も必要ありません。多くの方々の来聴を歓迎いたします。】
平川祐弘東京大学名誉教授講演会
「香りと匂い――世界文学の中で『源氏物語』を評価する」  
日時:2016年6月18日(土)午前11時30分~12時20分
場所:東京大学駒場教養学部18号館4階コラボレーションルーム1
主催:東大比較文学会
問い合わせ:東京大学比較文学比較文化研究室
電話03-5454-6330 E-mail: hikaku@fusehime.c.u-tokyo.ac.jp