« 平成28年度九州大学開学記念行事・第57回附属図書館貴重文物展示「真仮名、かな、カナ― 仮名と文体の発達史―」(平成28年5月13日(金)~5月21日(土))・高山倫明氏講演「万葉仮名の世界 ~『仮名発達史序説』続貂~」(平成28年5月21日(土)14:00~) | メイン | 国文学研究資料館、近代書誌・近代画像データベースに画像 約810件を追加 »

2016年5月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●向島文化サロン・武蔵野大学教授・川村裕子が語る「王朝の華麗なブログたち」【2016年6月12日(日)王朝マダムの日常『蜻蛉日記』・7月11日(日)王朝の恋愛と情熱『和泉式部日記』。要申し込み】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tobu-culture.co.jp/whatsnew/?action=view&tms=1459404786

--------------------

王朝の華麗なブログたち
平安時代には世界にほこる日記文学という作品が成立しました。今のブログのような日記文学には平安人のどのような思いが託されていたのでしょうか。日記のなかにこぼれおちる平安人の心をご一緒に味わってみましょう。

■第1回 6月12日(日)14:00~15:30
王朝マダムの日常『蜻蛉日記』
『蜻蛉日記』は一人の女性が21年間も書き続けた日記文学。そのなかには、家族だからこそ通じない言葉がきらめき、後の『源氏物語』に大きな影響を与えました。こんな日記文学の代表作の姿を楽しくお話ししたいと思います。
■第2回 7月11日(日)14:00~15:30
王朝の恋愛と情熱『和泉式部日記』
『和泉式部日記』は、たった十ヶ月のことを書いた恋愛日記。そこにはたくさんの和歌と手紙(メール)がちりばめられています。王朝の恋のバイブルとよばれる『和泉式部日記』。そこに込められた思いと成立の謎を楽しくお話ししたいと思います。

<応募要項について>
■場所:東武博物館ホール 東京スカイツリーライン「東向島」駅下車(徒歩約3分)
■定員:各講演会とも180名(応募多数の場合は抽選)
■参加費:無料
■応募条件:講演会は2回1セットの応募となります(個別の応募はできません)。
一度に複数名のご応募はできません。
1回の応募で1名様のみの応募資格となります。
■応募方法:ハガキまたはインターネットでのご応募となります。
■締切:2016年5月16日(月)必着
※当選のお知らせは「当選ハガキ」の発送をもってかえさせていただきます。
■問合せ先:東武カルチュア Tel03-3988-4855 www.tobu-culture.co.jp
■主催:東武博物館 http://www.tobu.co.jp/museum


●グーグル提供広告