« ミニシンポジウム「東アジア漢籍世界の沃野-その多様性を考える-」(2016年5月28日(土)、東京大学本郷キャンパス山上会館地下会議室001 ) | メイン | 第28回 ARCセミナー/「漱石の京都を探す:第一歩で発見した方法と課題」他(2016年5月25日(水)、【衣笠キャンパス】 立命館大学アート・リサーチセンター) »

2016年5月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●市川市文学ミュージアム「詩人・宗左近展―わたしの罪と罰―」(2016年4月23日(土)~2016年6月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul06/1111000248.html

--------------------

◇会期
 2016年4月23日(土)~2016年6月26日(日)

◇開館時間
 平日10時~19時30分(土・日・祝は18時まで)
 企画展示室の入室は閉館時間の30分前まで

◇休館日
 月曜日、4月28日、5月31日

◇観覧料
 一般300円(240円)・65歳以上240円・高大生150円(120円)・中学生以下無料

【概要

 詩作のみならず、美術評論、翻訳、幅広い分野で活躍した詩人、宗左近。福岡県戸畑町(現・北九州市戸畑区)で生まれ、昭和53年からなくなるまで市川市で暮らした宗は、東京大空襲で母を死なせた過去を描いた詩集『炎える母』をはじめとし、数多くの作品をこの世に遺しました。
 詩人の抱えた「大切な人たちを見殺しにした」罪と罰の意識。彼を創作に駆り立てたものとは何だったのか―。本展では市川ゆかりの資料と共に、詩人の作品世界に迫ります。
 宗が暮らしたこの地で、言葉の持つ力に触れて下さい。】


●グーグル提供広告