« 中京大学国際教養学部講演会「日本・ことば・世界 ‐ある同時通訳者の思い‐日本語の特質から日本人・日本社会・政治を説く」講師:中嶋寛氏(2016年6月14日) | メイン | 古事記学会『古事記年報』五十八(広告掲載) »

2016年5月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●2016(平成28)年度 昭和文学会 春季大会 特集〈文学が世界で流通する〉という事態を問う(2016年6月11日(土)、青山学院大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://swbg.org/wp/?p=993

--------------------

2016(平成28)年度 昭和文学会 春季大会

特集 〈文学が世界で流通する〉という事態を問う

日時 6月11日(土)午後1時より

会場 青山学院大学 14号館総研ビル12階大会議室
   (〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25)
大会概要、アクセスなどはこちらを参照ください。


開会の辞
篠原 進(青山学院大学副学長)

【基調講演】
人文学の将来と人間的差異(anthropological difference)
酒井 直樹

【研究発表】
戦後日本における「世界文学」の系譜
笹沼 俊暁

第二次テクスト論の射程 ――翻訳・原作・流通――
中村 三春
           
【シンポジウム】

閉会の辞
代表幹事

司会 榊原 理智・高橋 由貴

※終了後、青学会館にて懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。


●グーグル提供広告