« 中国語の詩詞作成をオンラインで支援 街の「漢詩教室」存続を脅かす漢詩詞作成補助総合サイト「捜韻」がとんでもない 和歌・俳句陣営は今のところ音なし?(天漢日乗) | メイン | 第11回BTSJ活用方法講習会(平成28年5月28日 (土) 13:00~17:00、国立国語研究所 2階 講堂)※要申し込み »

2016年5月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●2016年度 天理台湾学会 第26回研究大会(2016年7月2日(土)、天理大学研究棟3階 第1会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tenri-u.ac.jp/tngai/taiwan/

--------------------

2016年度 天理台湾学会

第26回研究大会プログラム

日時:2016年7月2日(土)
場所:天理大学研究棟3階 第1会議室

9:30 受付開始
9:50 開会

10:00~11:45 午前の部(研究発表A)

1.中澤信幸(山形大学)
「台湾語母語話者と日本漢字音」
 司会:中川仁(明海大学)
2.林長河(銘傳大学)
「台湾の日本語学科における自国文化に関する科目のコースデザイン―現状と課題」
 司会:前田均(天理大学)
3.賴錦雀(東呉大学)
「何故、ベトナムはできて、台湾はできないのか―台湾における日本語教育環境についての考察」
 司会:菊池律之(天理大学)

11:45~13:00 昼食

13:00~15:20 午後の部(研究発表B)

1.劉怡臻(明治大学大学院生)
「台湾詩人呉瀛濤における石川啄木の受容をめぐって」
 司会:王恵珍(国立清華大学)
2.松尾直太(呉鳳科技大学)
「引揚後の濱田隼雄の中央志向をめぐる考察」
 司会:邱若山(静宜大学)
3.王恵珍(国立清華大学)
「翻訳を通じて台湾に回帰した西川満の文学」
 司会:中島利郎(岐阜聖徳学園大学)
4.清水勝彦(元朝日新聞社)
「台湾と中国の宗教交流を中国の統一戦線工作から考察する」
 司会:今井淳雄(天理大学)

15:20~15:40 休憩

15:40~16:40 講演

野間信幸(東洋大学)
「張文環作品の舞台を訪ねる」
 司会:中島利郎(岐阜聖徳学園大学)

16:40~ 総会、記念撮影(研究棟正面玄関前階段)

17:40~ 懇親会(ウエルカムハウス・コトブキ)

以上


●グーグル提供広告