« 日仏会館フランス事務所 国際シンポジウム「詩歌が散文と出会うとき 和歌とフランス中世詩から見る言説の変容」【【登壇者】ドミニク・ドマルチニ(パリ第3大学)、土方洋一(青山学院大学)、クリストファー・リュケン(パリ第8大学)、渡部泰明(東京大学)】(2016年07月10日(日)) | メイン | 国立国語研究所が、国語研ムービー 『国語研教授が語る「濁る音の謎」』公開 »

2016年5月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日仏会館フランス事務所 国際シンポジウム「江戸の庶民絵画、大津絵を読み解く 街道絵師からミロまで」【ポール・ベリー(関西外国語大学)、リカル・ブル(バルセロナ自治大学)、小林優(足立区立郷土博物館)、クリストフ・マルケ(日仏会館・フランス日本研究センター)ほか】(2016年07月08日(金))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2016/07/08/20160708_colloque_otsue/index_ja.php

--------------------

日時: 2016年07月08日(金) 18:00〜20:30
場所: 1階ホール

【大津絵は江戸初期から明治にかけて、琵琶湖畔の大津宿の西端、東海道沿いの追分・大谷界隈で売られていた庶民絵画である。独特の素朴な描法で宗教的、道徳的、あるいは風刺的な画題を描いているが、これまで美術史をはじめとした学術領域ではあまり扱われてこなかった。大津絵に関して初めてとなる今回の国際シンポジウムでは、大津絵の起源・図像・江戸時代の文芸との関係などについて再検討したい。また、近代になってから、画家の河鍋暁斎や梅原龍三郎、篆刻家の楠瀬日年、思想家の柳宗悦などが、いかにして大津絵を再発見、再評価、見立てや我流の引用をしたかを考える。そして、二十世紀になって、この素朴でありながら多様な意味合いが含まれている大津絵が、民族学者ルロワ=グーラン、彫刻家セラ、画家ミロなど、外国人の眼にどのように映ったのかについて考察する。 】

【登壇者】ポール・ベリー(関西外国語大学)、リカル・ブル(バルセロナ自治大学)、小林優(足立区立郷土博物館)、クリストフ・マルケ(日仏会館・フランス日本研究センター)、佐藤悟(実践女子大学文芸資料研究所)、嶋田華子(美術史研究者)、白土慎太郎(日本民藝館)、鈴木堅弘(京都精華大学)、植田彩芳子(京都文化博物館)、矢島新(跡見学園女子大学)、横谷賢一郎(大津市歴史博物館)

【司会】内田保廣(共立女子大学)、岡部昌幸(帝京大学)、尾久彰三(元日本民藝館学芸部長)、クリストフ・マルケ

【主催】日仏会館フランス事務所
【共催】國學院大學、実践女子大学文芸資料研究所 
【協力】大津市歴史博物館、日本民藝館
【助成】平成28年度 文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業
【後援】日仏美術学会、明治美術学会、ジャポニスム学会


●グーグル提供広告