« 国立国語研究所が、「日本の消滅危機言語・方言」データーベース公開 | メイン | ミニシンポジウム「東アジア漢籍世界の沃野-その多様性を考える-」(2016年5月28日(土)、東京大学本郷キャンパス山上会館地下会議室001 ) »

2016年5月10日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●日本語学会の2015年度日本語学会論文賞に、坂井美日氏「上方語における準体の歴史的変化」/堀川宗一郎氏「鎌倉時代における仮名文書の「とん」―固定的連綿―」。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

坂井美日氏「上方語における準体の歴史的変化」(『日本語の研究』第11巻3号、2015年7月)
堀川宗一郎氏「鎌倉時代における仮名文書の「とん」―固定的連綿―」(『日本語の研究』第11巻4号、2015年10月)

●2015年度日本語学会論文賞決定のお知らせ(日本語学会)はこちら
http://www.jpling.gr.jp/notice/ronbunsyo2015/

●授賞理由
http://www.jpling.gr.jp/kaiin/gakkaisyo/ronbunsyo/#ronbunsyo2015


●グーグル提供広告