« 藝術学関連学会連合第11回公開シンポジウム「ニュースを創り出すアートの力」【オーガナイザー藤澤茜(国際浮世絵学会・学習院大学) 武田潔(日本映像学会・早稲田大学)】(2016年6月11日(土)、 早稲田大学 戸山キャンパス 382教室(36号館3階)) | メイン | 江戸の男色文化、平成の世にて花開かん 井原西鶴の浮世草子を現代BL作家たちがコミカライズ - ねとらぼ 【いずれも敬愛大学・畑中千晶教授による解説が収録されます】 »

2016年5月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●一関市博物館・テーマ展1「江戸文人の交友録―大槻磐渓をめぐる人々―」(2016年4月29日(金・祝)~6月5日(日))【5月14日(土)揖斐高氏講演「大槻磐渓の三つの源泉―蘭学と儒学と文雅―」あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.museum.city.ichinoseki.iwate.jp/news/article.php?p=149

--------------------

【仙台藩の漢学者であった大槻磐渓は、仙台はもとより江戸周辺をはじめ、京都、長崎そのほかまで文人たちと交流していました。本展は磐渓を中心とする江戸文人のつながりを資料から紹介します。】

●会期

4月29日(金・祝)~6月5日(日)

4月29日(金・祝)、5月15日(日)は入館無料

●会場

一関市博物館

●入館料

一般300円、高校・大学生200円、中学生以下無料

市内65歳以上の方、身障者手帳等をお持ちの方は入館無料

●講演会

5月14日(土)13:30~15:00

申込必要・定員100名・参加無料

「大槻磐渓の三つの源泉―蘭学と儒学と文雅―」 講師 揖斐高氏(成蹊大学名誉教授)


●グーグル提供広告