« 2016年度 天理台湾学会 第26回研究大会(2016年7月2日(土)、天理大学研究棟3階 第1会議室) | メイン | 埼玉学園大学・非常勤講師の公募について「日本語学(概論)」「日本語学(各論)」(2016年05月11日 ~ 2016年05月25日 必着) »

2016年5月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第11回BTSJ活用方法講習会(平成28年5月28日 (土) 13:00~17:00、国立国語研究所 2階 講堂)※要申し込み

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講習会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/s-others/20160528-btsj/

--------------------

【13:00~17:00
『BTSJ 文字化入力支援・自動集計・複数ファイル自動集計システムセット』の操作方法
~「自然会話分析のための文字化入力支援と基本的な分析項目の自動集計システム」を使った研究の方法~
宇佐美 まゆみ (国立国語研究所),木林 理恵 (日本学生支援機構)

近年,自然会話をデータとする様々な観点からの研究が増えてきていますが,会話の文字起こし作業には膨大な時間と労力がかかります。特に会話を定量的に分析する場合,大量の文字化資料をコーディングし,それらの分析項目を集計して統計処理を行うといった一連の手順を踏むため,細かく精緻な作業が求められます。このような状況を踏まえて,自然会話の文字化資料作成,及び,定量的な分析を効率的に進めるために開発されたのが,基本的な文字化の原則 (BTSJ : Basic Transcription System for Japanese) に基づいた『BTSJ文字化入力支援・自動集計・複数ファイル自動集計システムセット』 (自然会話分析のための文字化入力支援と基本的な分析項目の自動集計ツール) で,Microsoft Excel 2007, 2010, 2013 に対応しています。
本システムは,エクセルが使える方であれば,どなたでも簡単に操作することができます。本システムを用いると,入力支援機能などによって効率よく文字化ができ,比較的量の多い複数の話し言葉データのコーディングを自動集計することができます。また,BTSJ とは異なる方法で文字化した資料をテキスト形式でお持ちの方は,一部修正作業を行うことによって,本システムを用いて分析項目を自動集計することが可能になります。そのため,会話の分析時間を格段に短縮することができ,会話を多角的に考察することが可能になります。】

プロジェクト名,リーダー名
日本語学習者のコミュニケーションの多角的解明
石黒 圭 (国立国語研究所 日本語教育研究領域 教授)

共催
言語社会心理学研究会

開催期日
平成28年5月28日 (土) 13:00~17:00

開催場所
国立国語研究所 2階 講堂 (東京都立川市緑町10-2)

参加費無料


●グーグル提供広告