« 林原美術館・企画展「すみいろ-古筆・宸翰・大名の書-」(平成28年4月12日(火)~5月15日(日))【新発見!藤原定家『明月記』をはじめ、鎌倉時代の新出資料を初公開!】/久保木秀夫氏講演会「古筆の魅力、推理の楽しさ」(平成28年4月23日(土)13時30分~15時) | メイン | 鈴木健一『江戸諸國四十七景 名所絵を旅する』(講談社選書メチエ) »

2016年4月14日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●浅沼璞『俳句・連句REMIX』(東京四季出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

浅沼璞氏よりいただきました。

asanuma_2016.jpg

267ページ
出版社: 東京四季出版 (2016/4/20)
ISBN-13: 978-4812908891
定価 : 本体1,800円(税別)

○Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/4812908892

長年、大学で学生たちに連句と俳句と西鶴のたのしさを伝えてきた著者による
俳句的連句入門プラス現代的連句鑑賞、そして連句的西鶴論。
巻末には著者創案連句形式「オン座六句」の切り離せる早見表つき!

◉目次
序 俳句的連句入門
一、連句見渡し
二、連句細見
〈俳クリティークI〉滑稽と写実
破 現代的連句鑑賞
一、学生とのオン座六句
二、ロッキングオン座六句
三、俳人とのオン座六句
〈俳クリティークII〉現代の俳文/芭蕉と林芙美子の「侘び」
急 連句的西鶴論
一、西鶴独吟の読み方
二、西鶴独吟の基準
三、昭和の西鶴、平成の西鶴
〈俳クリティークIII〉無心所着のゆくえ/静かな談林
【綴込み付録】オン座六句早見表

◉浅沼 璞 あさぬま・はく
1957年、東京生まれ。法政大学文学部日本文学科卒。連句人(レンキスト)・俳人。
日本大学、法政大学、武蔵野大学、放送大学などで連句実作、近世文学論の講師を務める。専攻は井原西鶴。連句形式「オン座六句」を創案。「俳諧無心」代表、「群青」同人。
著書に『可能性としての連句』(ワイズ出版)『「超」連句入門』(東京文献センター)『中層連句宣言』(北宋社)『西鶴という方法』(鳥影社)『西鶴という鬼才』(新潮社)『西鶴という俳人』(玉川企画)。


●グーグル提供広告