« 京都新聞(2016年4月24日(日曜))に田島 公編『近衞家名宝からたどる宮廷文化史 陽明文庫が伝える千年のみやび』の書評が掲載されました。評者・内田孝氏(京都新聞編集委員)。 | メイン | 異類の会・飯倉義之氏「熊楠、妖怪、自然科学」(第63回)(2016年4月27日18:00、國學院大學 若木タワー10F打ち合わせ室) »

2016年4月25日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●医療•看護の現場で当地の方言がその活動の障壁とならないようにするための「熊本方言支援ツール」が緊急公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【甚大な被害をもたらした今回の熊本地震を受けて、福岡女学院大学の二階堂整先生のとりまとめにより熊本方言支援ツールが緊急公開されました。
東日本大震災の時の経験を踏まえて、医療•看護の現場で当地の方言がその活動の障壁とならないようにするためのツールです。
熊本諸方言を、東部方言(阿蘇など)、北部方言(熊本市以北)、南部方言(八代市以南)に大きく分けて、それぞれの方言での身体部位や不調の言い方、その他表現がまとめられています。】
続きは以下より。山田 高明氏facebook。
https://www.facebook.com/takahki.yamada/posts/808796322554980

以下、岡島昭浩氏による。


●グーグル提供広告