« 笠間書院のメールマガジン [234号]刊行しました | メイン | 「歴代総長・教授・助教授履歴検索システム(旧制)」を公開しました。(京都大学大学文書館) »

2016年4月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東海近世文学会4月例会(第260回)(平成28年4月30日(土)、熱田神宮文化殿2階会議室)【永井一彰氏、沢井耐三氏】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://toukaikinsei.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

--------------------

日 時 平成28年4月30日(土) 午後2時30分~5時
場 所 熱田神宮文化殿2階会議室
プログラム          
・研究発表 「御存知蕪村書簡」
        永井 一彰 氏(奈良大学名誉教授)
・研究発表 「お伽草子『狐の草子』の怪異について」
        沢井 耐三 氏(愛知大学名誉教授)
・総会

【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、5月28日(土)・6月
11日(土)のみ決まっています。
7月、9月、10月、12月、1月は未定です。
会場は1月を除いては熱田神宮文化殿会議室を
予定していますが、変更の場合もあります。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。


●グーグル提供広告