アマゾンに開示命令 中傷書評の投稿者情報巡り東京地裁(日本経済新聞)

【通販大手アマゾンジャパン(東京・目黒)のサイトに投稿された書評によって社会的評価が低下したとして、本の著者側が同社に投稿者情報の開示を求めた訴訟の判決があり、東京地裁が投稿者の氏名や住所、メールアドレスの開示を命じていたことが11日までに分かった。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。要会員登録。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H04_R10C16A4CC0000/