今、まさに広まりつつある国際的なデジタルアーカイブの規格、IIIFのご紹介(digitalnagasakiのブログ)【「各地のデジタルアーカイブで個別に公開されて、いちいちそれぞれのサイトの使い方を覚えなければならず、使い勝手も善し悪しが大きく異なる」という状況が、IIIFの登場と普及によって、ようやく、そして一気に解決しようとしています。】

【現在、デジタルアーカイブにおいて画像を公開し共有するための国際的な枠組みが作られ、採用が広まりつつあります。International Image Interoperability Framework、略してIIIF(トリプルアイエフ)というもので、英国図書館、フランス国立図書館、オックスフォード大学ボドリアン図書館、スタンフォード大学、プリンストン大学、イェール大学など、錚々たる機関が始めた規格で、国立国会図書館のカレントアウェアネスポータルでも何度か簡単に紹介されているようです。】
つづきはこちらから。digitalnagasakiのブログ。
http://digitalnagasaki.hatenablog.com/entry/2016/04/28/192349