« 日本出版学会 2016年度 総会・春季研究発表会(2016年5月14日(土)、東京経済大学国分寺キャンパス ※要申込) | メイン | 2016年度立命館大学大学院文学研究科行動文化情報学専攻「文化情報学専修」広報企画ワークショップ  日本出版学会2016年度第2回(通算第95回)関西部会「図書館を変えるウェブスケールディスカバリー」報告者: 飯野勝則氏(2016年4月25日(月)、立命館大学・平井嘉一郎記念図書館(衣笠キャンパス)) »

2016年4月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●根津美術館 特別展「国宝 燕子花図屏風 歌をまとう絵の系譜」(2016年4月13日(水)〜5月15日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

--------------------

休館日 月曜日 ただし5/2(月)は開館
開館時間 午前10時‐午後5時
(入館は午後4時30分まで)
【夜間開館】5/10〜5/15
午後7時まで開館
(入館は午後6時30分まで)
入場料 一般1300円、学生[高校生以上]1000円
*中学生以下は無料
*コレクション展「ほとけの教え、とこしえに。」の会期中(2016年2月27日〜3月31日)、ミュージアムショップにて前売り券(各100円引き)を販売します。
会場 根津美術館 展示室1・2
 尾形光琳(1658~1716)によって生みだされた国宝「燕子花図屏風」は、『伊勢物語』の一節に基づくと考えられています。東国に下る途中の主人公が、三河国の八橋で燕子花の群生を目にし、「かきつばた」の五文字を各句の冒頭において「唐衣きつゝなれにしつましあれば はるばるきぬる旅をしぞ思ふ」と歌を詠む場面です。「燕子花図屏風」の象徴的な画面には、この歌が響き渡っているように感じられます。
  古来、歌と絵は密接な関係を結んできました。本展覧会では、和歌と関わりをもつさまざまな絵画作品を集め、そのなかで「燕子花図屏風」を味わってみたいと思います。あわせて、室町時代に制作された「伊勢物語絵巻」(個人蔵)3巻を特別に展示します。『伊勢物語』の世界に触れる絶好の機会ともなるでしょう。


●グーグル提供広告