リポート笠間60号○特集「論争!」[5月23〜27日頃に発送予定]

5月23〜27日頃に発送予定です。
以下で先行配布予定です。
※5/14-15=日本語学会、上代文学会、近世文学会
※5/21=中古文学会
report60.jpg
『リポート笠間』60号 特集「論争!」
2015.05.20発行
A5判・並製・96頁
装丁・笠間書院装丁室
非売品(無料頒布)
【趣旨】
近世文学研究をテーマに組んだ特集ですが、
他ジャンルでも「論争」がもっと起こるようになれば、という願いを込め編みました。
論争とは何か、そのルールとは。それにとどまらず、直接論争に踏み込んだものまで、4名にお書き頂きました。
   *
その他、オピニオンあり、レビューあり、書評あり、盛りだくさんの内容です。
※リポート笠間のバックナンバーはこちらでご覧頂けます。
スクロールして下の方に行ってください!
http://kasamashoin.jp/report.html
———————–
定期購読されている方で、住所変更のあったかたは、info@kasamashoin.co.jp 宛にご連絡ください。
また、まだ読んだことがない方で、購読希望の方は、info@kasamashoin.co.jp 宛に、郵便番号・住所・お名前をお知らせ下さい(定期購読になっているかどうか、確認したいかたもご一報ください)。よろしくお願いいたします。
送料無料・購読料無料です!
———————–
【目次】
■特集・論争

論争回避の時代に生まれて―それは日本文学研究熱低下の一因なのか?
…福田安典(日本女子大学)
シンポジウム「江島其磧の再発見」とその後
…宮本祐規子(清泉女子大学・日本女子大学非常勤講師)
木越治氏へ―「菊花の約」の尼子経久は論ずるに足らぬ作中人物か
…飯倉洋一(大阪大学)
とかく論争というものは―論争のルール、論争のマナー
…井上泰至(防衛大学校)
■オピニオン
文学雑誌の休刊―国語科教員が研究を考えるということ
…古田尚行(広島大学附属中・高等学校)
■レビュー
「変体仮名あぷり」「くずし字学習支援アプリKuLA(クーラ)」
「木簡・くずし字解読システム―MOJIZO―」レビュー

…岡田一祐(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
■研究の扉
『新古今和歌集の新しい歌が見つかった!』その後―補遺一点・新出二点
…久保木秀夫(鶴見大学)
■連載[全三回]第二回
東奔西走・観劇映画日記…加藤敦子(都留文科大学)
■学界広場
1○書評

安藤宏『「私」をつくる――近代小説の試み』(岩波新書)
…日置貴之(白百合女子大学)
2○面白かった、この3つ
川崎佐知子(立命館大学)
入口敦志(国文学研究資料館)
吉田幹生(成蹊大学)
吉野朋美(中央大学)
黒石陽子(東京学芸大学)
城﨑陽子(國學院大學兼任講師)
植田 麦(明治大学)
小助川元太(愛媛大学)
石澤一志(学習院大学他非常勤講師)
橋本貴朗(國學院大學)
3○学界時評
日本語の歴史的研究[2015.7-2015.12]…竹内史郎(成城大学)
4○学会リポート
中古文学会秋季大会シンポジウム
「室町戦国期の『源氏物語』―本の流通・注の伝播―」報告
…新美哲彦(早稲田大学)

上代文学会秋季大会・シンポジウム
「日本霊異記─その文学史的位置付けを考える─」レポート
…河野貴美子(早稲田大学)

京都近世小説研究会二〇一五年十二月例会報告
―西鶴をどう読むか(続・続)―…浜田泰彦(佛教大学講師)

明星大学日本文化学科国際シンポジウム
「本がつなぐ日本と世界―古典籍と目録・研究の国際化」報告
…勝又基(明星大学)

■新刊案内
2015年末〜2016年刊行の本

http://kasamashoin.jp/shoten/report60_62-96.pdf
■編集後記