« 山口県立萩美術館・浦上記念館 普通展示《浮世絵》 明治開化絵(2016年4月7日(木)~5月8日(日)) | メイン | 郡山文学資料館 企画展「収蔵資料展」(2016年4月23日(土)~6月12日(日)) »

2016年4月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田区立日比谷図書文化館 江戸歴史講座第39回 江戸時代の村と百姓の実像 講師:渡辺尚志氏(2016年5月25日(水)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2704

--------------------

江戸歴史講座第39回 江戸時代の村と百姓の実像
キーワード 日比谷カレッジ
内容 江戸時代について語られるとき、百姓が主人公になることはめったにありません。しかし、江戸時代の人口の約八割は百姓であり、彼らが深いところで社会を支え、歴史を動かしていたのです。この講座では、村に生きた百姓たちの主体的・能動的な実像についてお話しします。
日にち 2016年05月25日(水) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 1,000円(千代田区民500円)
講師・出演者 渡辺 尚志
プロフィール
■渡辺 尚志(わたなべ たかし)
一橋大学大学院社会学研究科教授
1957年、東京都生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。国文学研究資料館助手を経て現職。専門は日本近世村落史。著書に『百姓の力』(柏書房、2008年、2015年に角川ソフィア文庫から再刊)、『百姓たちの江戸時代』(ちくまプリマー新書、2009年)『武士に「もの言う」百姓たち』(草思社、2012年)などがある。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2016年03月09日 10:00 から2016年05月25日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。


●グーグル提供広告