国立歴史民俗博物館 『もの』からみる近世「杜若と菖蒲・花菖蒲‐意匠と文化‐」(第3展示室)(2016年5月17日(火)~6月19日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/special/index.html#room3

——————–
開催概要
展示名称 「杜若と菖蒲・花菖蒲‐意匠と文化‐」
開催期間 2016年5月17日(火)~6月19日(日)
開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円/中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
休館日 月曜 (休日の場合は翌日を休館日とします)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 副室
趣旨
佐倉市主催の平成28年度あやめサミット連絡協議会関係首長会議の開催にあわせて、当館においても関連展示を開催することとなりました。
杜若は美術工芸品のデザインとして多彩に用いられ、端午の節句のように菖蒲と関わる年中行事もよく知られています。鑑賞用としても愛されており、とくに花菖蒲は江戸から明治にかけて数多くの品種がつくり出されて花菖蒲園も誕生しています。
本展では館蔵品を中心とする杜若・菖蒲・花菖蒲関係の資料を、意匠・園芸・名所といった視点のテーマに分けて展示します。日本人がつくりあげてきた植物を愛する文化の一端を、感じていただければ幸いです。