« The Economist に出た、最近のチョムスキー(山形浩生の「経済のトリセツ」) | メイン | 新潮社「作家自作を語る」【およそ1000人の作家から2000の談話を収録した、貴重な声の記録】、2016.04.01サイトオープン。毎週1話ほどのペースで新たな談話をアップ予定。 »

2016年4月 9日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『大学院紀要 二松』第30集(2016年3月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

五月女肇志氏よりいただきました。

nishoin30.jpg

大学院紀要 二松 第30集
2016年3月・A5判・106ページ
二松学舎大学大学院文学研究科発行

【目次】
芥川龍之介『羅生門』『鼻』『芋粥』
 ----「語り手」の位置と小説の方法----●江藤茂博
『宇治拾遺物語』中の貧女の説話●畠山千春
「文」から「文学」への展開
 ――古代変質の指標として――●牧角悦子
春秋正義校勘記を作成して●野間文史


●グーグル提供広告