第300回 日文研フォーラム「獅子舞がつなぐ東アジア」(2016年5月10日(火)、ハートピア京都)

フォーラム情報です。
●公式サイトはこちら
http://events.nichibun.ac.jp/ja/archives/cal/2016/05/10/index.html

——————–
2016年5月10日 第300回 日文研フォーラム
場所: ハートピア京都 3階大会議室 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
開場時間: 18:10
開始時間: 18:30
終了時間: 20:30
申込み: 不要
受講料: 無料
定員: 先着180名
概要:
日本と韓半島(朝鮮半島)の古くからの交流の跡を示す身近な伝承文化の一つに、獅子舞があります。このたびの講演ではとくに、岐阜県飛騨市古川町数河(すごう)高原に伝わる獅子舞を取り上げます。数河高原にある松尾白山神社および白山神社では、毎年九月五日、例祭の特殊神事として獅子舞を奉納することになっており、これは地域名に因んで「数河獅子」と言われますが、おもしろいことに、別名「高麗獅子」とも呼ばれているのです。そのルーツを辿ることは、今日に生きる日韓のつながりを考えることにほかなりません。
講演に引き続き、日韓、そして東アジアにまたがる文化交流の過去・現在・未来をめぐって、座談をお楽しみください。
内容
発表者 獅子舞がつなぐ東アジア
李 応寿 世宗大学校韓日芸能研究所 所長 ・ 国際日本文化研究センター 外国人研究員
コメンテーター 稲賀 繁美 国際日本文化研究センター 副所長
コメンテーター 劉 建輝 国際日本文化研究センター 教授
司会 佐野 真由子 国際日本文化研究センター 准教授