« 五島美術館「春の優品展―恋歌の筆のあと―」(2016年4月2日(土)〜5月8日(日)) | メイン | 徳川美術館 春季特別展「ぶらり浮世絵散歩 -平木名品コレクション-」(2016年4月16日(土)~5月29日(日)) »

2016年4月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●奈良国立博物館 特別展「国宝 信貴山縁起絵巻 朝護孫子寺と毘沙門天王の至宝」(平成28年4月9日(土)~5月22日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shigisan/shigisan_index.html

--------------------

国宝 信貴山縁起絵巻 朝護孫子寺と毘沙門天王の至宝

 毘沙門天王の聖地として聖徳太子により創建されたと伝えられる信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ)。その篤い信仰のもとに制作された国宝 信貴山縁起絵巻は、日本三大絵巻の一つに数えられる平安絵画の名品として知られています。山崎長者巻、延喜加持巻、尼公巻の全三巻には、鉢が空を飛び米俵が舞い上がる、剣をまとう童子が大空を駆けめぐるといった摩訶不思議なストーリーが、躍動感あふれる画面の中に次々と展開します。
 本展覧会は、この人々を魅了してやまない信貴山縁起絵巻の全貌を一堂に紹介し、その寺院縁起としての意義を朝護孫子寺の信仰の歴史の中に位置づけようとするものです。全会期中を通じて三巻すべての場面を同時公開する史上初めての試みであり、国宝絵巻の魅力を心ゆくまでご堪能いただけるまたとない機会となります。さらに、朝護孫子寺の寺宝の数々を関連する寺外の名品とともに公開することで、信貴山毘沙門天王への信仰が生み出した造形の魅力にも迫ります。

会 期 平成28年4月9日(土)~5月22日(日)
会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日 毎週月曜日 ※ただし5月2日(月)は開館
開館時間 午前9時30分~午後5時
※4月29日以降の毎週金曜日は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで


●グーグル提供広告