« 第300回 日文研フォーラム「獅子舞がつなぐ東アジア」(2016年5月10日(火)、ハートピア京都) | メイン | 早稲田大学図書館【展覧会】文化装置としての『源氏物語』―九曜文庫を中心に―(2016年5月13日(金)~5月28日(土)) »

2016年4月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成28年度 第1回伝音セミナー「子どものためのレコード」進行役:大西秀紀氏(平成28年5月12日(木)、京都市立芸術大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。

●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/spsemi/spsemi2016-1.html

--------------------

平成28年度 第1回伝音セミナー

内容 希少音源をを鑑賞しながら、歌や演奏等の紹介・解説等を行います。

「子どものためのレコード」

日本の子どものために作られたレコードの歴史は古く、明治の出張録音期からすでに唱歌が三味線音楽や謡曲とカタログ上で肩を並べていました。大正に入るとお伽劇、お伽歌劇といった新しいジャンルが生まれ、大人達は子どものために手の込んだレコード作りに心血を注ぎます。今回は北村季晴作「ドンブラコ」(大正2年発売、5枚10面)を中心に、巌谷小波・佐々紅華作「ウサウサ兎」、「ウントコ爺さん」、小波自身の朗読による「正直正吉」などをお聴きいただきます。

進行役:大西 秀紀(日本伝統音楽研究センター客員研究員)
日時 平成28年5月12日(木曜日)午後2時40分~午後4時10分
会場 京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
(京都市立芸術大学へのアクセス http://www.kcua.ac.jp/access/
参加費 無料。
問合せ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
Tel.075-334-2204
>> 問い合わせフォーム


●グーグル提供広告