« 塙保己一史料館 体験講座「江戸時代の版木を摺ってみよう」(平成28年7月31日(日)・8月6日(土)) | メイン | 日中対照言語学会第35回大会(2016年度春季大会)(2016年5月22日(日)、東洋大学白山校舎) »

2016年4月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●塙保己一検校生誕第270年記念大会(平成28年5月5日(こどもの日)、塙保己一史料館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.onkogakkai.com/info.htm

--------------------

◆塙保己一検校生誕第270年記念大会

江戸時代の識字率は高かったようですが、漢文はどのように読まれていたのでしょうか。
また渋谷区内にある国立能楽堂、能の歴史などを解説していただきます。

日時≫
平成28年5月5日(こどもの日)
午後1時30分開演(4時ごろ終演)

場所≫
塙保己一史料館 2階講堂

募集≫
当日先着70名(参加費無料)

講演≫
○幕末の漢文力~ロシア軍艦来航始末~
大阪大学大学院教授 湯浅邦弘氏

○能の魅力~国立能楽堂養成事業について~
国立能楽堂企画部制作課 稲田啓氏

主催≫
公益社団法人温故学会


●グーグル提供広告