« 北海道立文学館 特別展<青春の記憶 夢みる力> 佐藤泰志の場所(トポス)(2016年4月23日(土)~6月19日(日)) | メイン | 遠藤周作文学館 第9回企画展「刊行から50年―遠藤周作『沈黙』と長崎」(平成28年5月21日(土)~平成30年5月)・記念イベント「『沈黙』から『深い河』へ―遠藤周作の信仰」講演者:加賀乙彦氏(5月21日(土)※要申込) »

2016年4月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●本居宣長記念館 春の企画展「もう一度、のりなが」開催中(2016年6月30日(木)まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.norinagakinenkan.com/exhibition.html

--------------------

 いよいよリニューアル直前です。新しく生まれ変わる前に、開館以来45年間の展示の総まとめ。もう一度、宣長さんの生きた時代、活動の場となった伊勢国、そしてその生涯をしっかり見直してみましょう。

 商家に生まれたけれど、学問と京都に憧れた少年時代。医者の傍ら『源氏物語』と『古事記』を研究した日々。名古屋へ、和歌山へ、そして京都へと東奔西走の晩年。グルリと展示室を一回りすると、72年の生涯がよく分かる。そして、よく見直してみると、「宣長さんって、生涯にこんな仕事量をこなしていたの...?」とびっくりしていただけるはずです。

 宣長誕生の日の『日記』、15歳の少年宣長がその片鱗を見せる『神器伝授図』から、死後の自分を考える宣長の『遺言書』まで、基礎史料が一挙に並ぶ、贅沢な展示です。リニューアル前に、ぜひご来館下さい。

期   間 : 2016年3月8日(火)~ 6月30日(木)
開 館 時 間 : 9:00~16:30
会   場 : 本居宣長記念館展示室
入 館 料 :
本居宣長記念館・本居宣長旧宅「鈴屋」共通
大人 400円 大学生等 300円 小人(小学校4年生~高校生)200円
休 館 日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
4月18日(月)~4月22日(金)
※ゴールデンウィーク中は、休まず開館いたします。
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21-0312


●グーグル提供広告