« NINJALコロキウム・講演会第69回・長谷川 葉子(カリフォルニア大学バークレー校 教授)「「が」と「は」再考」(2016年5月17日 (火) 15:30~17:30 国立国語研究所 多目的室 (2階)) | メイン | 熊本地震の被災地域の学生・研究者や医療従事者に学術情報を提供する大学図書館による支援活動(カレントアウェアネス・ポータル) »

2016年4月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●歴史物語研究会・2016年6月 関西例会(2016年6月4日(土)、神戸大学人文学研究科)【大谷久美子氏、桜井宏徳氏】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://rekisimonogatarikenkyukai.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

--------------------

場所: 神戸大学人文学研究科 
※会場の詳細は上記公式サイト参照のこと。

日時: 2016年6月4日(土)14:00~
発表者及び題目:

大谷久美子(神戸大学非常勤講師)
「『栄花物語』の『和漢朗詠集』享受の一側面」(仮題)

桜井宏徳(成蹊大学非常勤講師・國學院大學兼任講師)
「大石千引『栄花物語考難註』について―ノートルダム清心女子大学附属図書館特殊文庫(黒川文庫)蔵本に即して―」

■ 本年度の最初の例会となります。皆様のご参加をお待ちしております。
■ 終了後は忘年会を兼ねた懇親会を行います。
■ 例会は会員外の方でも来聴歓迎いたします。ご興味のある方、例会参加を希望される方は、
rekisimonogatarikenkyukai★gmail.comまでお気軽にお問い合わせください(★を@に置き換えて下さい)。


●グーグル提供広告