« 平成28年度 第1回伝音セミナー「子どものためのレコード」進行役:大西秀紀氏(平成28年5月12日(木)、京都市立芸術大学) | メイン | 平成28年度前期「でんおん連続講座」開講(平成28年5月〜、京都市立芸術大学 ※要申込) »

2016年4月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●早稲田大学図書館【展覧会】文化装置としての『源氏物語』―九曜文庫を中心に―(2016年5月13日(金)~5月28日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.wul.waseda.ac.jp/news/news_detail.html?news_no=598

--------------------

【展覧会予告】文化装置としての『源氏物語』―九曜文庫を中心に―

期間:2016年05月13日(金)~2016年05月28日(土)
時間:10:00~18:00
閉室:5月15日(日)
主催:中古文学会、早稲田大学図書館
協力:早稲田大学文化推進部文化企画課
 『源氏物語』は、成立から現在までの千年間、いろいろな装置として働いてきました。たとえば婦女子の教育書として、和歌・連歌作成の必携書として、多種多様な場面における教育装置として。たとえば権力者に権威を付与する政治的装置として。たとえば女性カタログ、あるいは男性カタログのような形で、「平安」なるものを知るための文化装置として。このような文化装置としての『源氏物語』関連の諸作品を九曜文庫を中心に見ていきます。
 九曜文庫はもともと源氏物語研究で大きな成果をあげている中野幸一先生(早稲田大学名誉教授)が個人で蒐集された膨大なコレクションですが、そのうち源氏物語を中心とした資料が、先生のご厚意により早稲田大学図書館の所蔵となったものです。
 なお、便宜上、「注釈」「本文」「絵画」などテーマごとにセクションを分けましたが、たとえば『首書源氏物語』や『湖月抄』は注釈としても見逃せませんし、『絵入源氏物語』などの版本挿絵や『偐紫田舎源氏』由来の源氏絵は、描かれた『源氏物語』の重要な部分を形成します。それぞれのセクションがテーマを越えて流動する様を想像していただきたいと思います。


●グーグル提供広告