斎藤茂吉記念館 特別展「茂吉と絵画」西洋美術に見る写生(2016年4月17日(日)〜6月30日(木))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.mokichi.or.jp/event_10.html

——————–
特別展「茂吉と絵画」
 西洋美術に見る写生
 1921(大正10)年10月28日、斎藤茂吉は医学研究のため欧州へ旅立ちます。
 ヨーロッパ到着後、まっ先に足を運んだのは、パリのルーブル美術館でした。その後も研究の合間を縫ってイタリア・ロンドンなど各地の美術館へ出かけ、多くの作品に親しみます。
 本展では、茂吉が帰国後に歌誌「アララギ」で連載した西洋美術の解説原稿・作品の複写・書簡などを紹介しながら、茂吉と絵画との関係、さらに作歌上の姿勢「写生」の精神に迫ります。
*会期:2016年4月17日から6月30日まで(会期中は無休)
*会場:斎藤茂吉記念館内 守谷夫妻記念室(地階)